• チェックする

    ニンニク出荷

    自身がEDであるかは、ホームページのセルフチェックで確かめることができます。また、勃起の硬さや症状によって軽度と重症に分けることができ、それに合わせた治療を行っていきます。まずは、勃起の状況を確認することから始めてみます。

    Read More
  • 流れを知る

    回復し笑顔

    クリニックでEDの相談をする場合はまず、予約の電話をいれますが、ネットからも可能です。問診の後は、勃起に対していくつか質問されます。恥ずかしさが多少出てきますが、担当医師は男性なので、安心して相談できます。

    Read More
  • ストレスなく

    真っ白な錠剤

    EDは、ストレスや焦りがくると適切な治療でも効果は半減する場合はありますが、最近の治療は自然体で完治を目指すといった取り組みがクリニック全体で広がりを見せています。

    Read More

一粒のピル

EDとは、勃起不全を引き起こす病気のことを言いますが、ストレス社会である日本でもEDは現在進行形で増えつつあります。
40代だと5人に一人の割合で発症しており、また50代から60代にかけて3人に1人が勃起不全だと言われています。
EDは性生活にも大きな影響を及ぼすものになっており、満足な行為ができないという相談も大変多いです。
また、EDはデリケートな相談内容である為、パートナーに相談することができず、EDの改善が遅くなることも多々あります。
EDは勃起が不十分であるという症状だけではありません。勃起をしても硬さや状態の維持が難しいことも症状の中に入っています。
EDで性行為を満足に行えない場合は、まずEDを疑います。正常な人は、性欲があると十分な勃起が見られます。
相談ポイントは、その機能が十分にされているかに注目しますが、勃起に対して変化が見られた場合、解決策として専門のクリニックへの相談が必要不可欠になるのです。
人には中々聞くことが難しいEDは、相談をせず放置する人が大変多いです。その為、ED治療に関して誤った知識が持たれている可能性が非常に高いです。
EDを解消する為には、正しい知識を身につけて今後の治療に役立てることが重要です。
元々EDは、中年の症状として捉えられていました。確かに年を取ると自然と機能が衰えるのは言うまでもありません。

EDの症状が、実は疾患の影響だった場合、放っておいては大変です。
特に中高年に多い動脈硬化は、同時にEDを発症している可能性が十分に高いとされています。
高血圧や糖尿病など、様々な症状をもたらす動脈硬化は、EDの治療をする上で非常に関係性があるのです。
健康面でも、そして精神的に元気になる為にも、ED治療の相談は早めにやっておいて損はありません。
現在相談できるED専門クリニックや相談機関は、個人情報の保護に務めています。また、個室の提供や、EDの患者同士が鉢合わせにならないように工夫もされています。
そういったことからも、EDの相談は非常にし易いものとなっています。
自身がどれ位のED進行度なのか、そしてEDのタイプは何なのかを相談の中で知ることで、未来も随分と明るくなるのは言うまでもありません。